一般書籍

新装版 人と思想 134

ミルトン

著者・編者 新井 明
判型 新書
ページ数 220ページ
定価(税込) 1,320円
ISBNコード 978-4-389-42134-2
発売日 2016/5/25

内容紹介

若き文人が革命の渦中に投げこまれ,自ら予想もしなかった人生行路を歩むことになる。私的にも公的にも張らざるをえなかった論陣と,身に受けざるをえなかった不幸の重なりが,彼を大叙事詩人へと成長させていく思想的かつ文学的な滋養となった。本書では,ミルトンを文学史上の偉人として祭り上げることではなく,その時代を,一人の人間としてそれなりの労苦を背負いつつ,「真実の戦うキリスト信徒」として生き通した姿に迫ろうとする。彼の文芸は世俗のただ中から生まれ出たものである。

目次(内容と構成)

はじめに
第1章 ミルトン略伝――デッサンふうに
第2章 一六二八年の夏――叙事詩への志向
第3章 牧歌の時代
第4章 イタリア旅行―ーひとつの幕間
第5章 論客として
第6章 ソネットと口述
第7章 王政復古前後
第8章 .『楽園の喪失』をめぐって
第9章 最後の二作品
別項 ミルトンの神学
あとがき
年譜
参考文献
さくいん..