一般書籍

新装版 人と思想 100

プランク

著者・編者 高田 誠二
判型 新書
ページ数 200ページ
定価(税込) 1,100円
ISBNコード 978-4-389-42100-7
発売日 2015/9/10

内容紹介

量子論の元祖プランクは,さほどポピュラーではないが,今日のハイテクたとえばレーザー技術は,プランク理論を抜きにしては成立しない。一九世紀末から二〇世紀初頭に構想された彼の学説が,量子論の端を開き新しい物理学を開拓した。彼は,両大戦期を含む約90年を,物理学者として,ナチスに精一杯抵抗を続ける廉直の学界リーダーとして,伝道旅行に情熱を傾ける宗教人として,誠実に生きた。本書は,彼の理論の現代的な意義,科学技術史の中での彼の足跡,論著と日本の思想界に与えた影響を,人間プランクに密着して描き出す。

目次(内容と構成)

まえがき
Ⅰ 現代ハイテク社会の中のプランク理論
Ⅱ 物理学史の中のプランク
Ⅲ 人間マックス=プランク
Ⅳ 日本学術史の中のプランク
  あとがき
  年譜
  文献
  さくいん