一般書籍

新装版 人と思想 63

パウロ

著者・編者 八木 誠一
判型 新書
ページ数 232ページ
定価(税込) 1,100円
ISBNコード 978-4-389-42063-5
発売日 2015/9/10

内容紹介

パウロは原始キリスト教史上最初で最大の神学者・伝道者であった。パウロの著作は新約聖書の約2割を占め,後代への影響も大きく,パウロを除外してキリスト教を語ることはできないほどである。パウロは十字架につけられて死に,復活したイエス・キリストへの信仰を求める。パウロの宣教と神学は,歴史的な意味は大きくても,現代の私たちにはなじみがたい。しかしその外殻を破ってみれば,パウロは私たちにのっぴきならぬ問いを突きつけているのだ。

目次(内容と構成)

はじめに
Ⅰ パウロの生涯
   生まれと育ち
   キリスト教迫害
   回心
   第一回伝道旅行と使徒会議
   第二回伝道旅行
   第三回伝道旅行
   ローマへ
Ⅱ パウロ神学の基礎概念
   パウロの問いかけ
   超越者
   エゴイズム
   律法
   福音
   信仰による義認
Ⅲ パウロ神学の構造と中心問題
   律法主義(倫理)から宗教へ
   律法主義の本質と克服
   キリストと人間
   「キリストのからだ」としての教会
   パウロ神学の二重構造
   むすび
    おわりに――パウロと私――
    史料と参考文献について
    年表
    さくいん