一般書籍

新装版 人と思想 58

スピノザ

著者・編者 工藤 喜作
判型 新書
ページ数 224ページ
定価(税込) 1,100円
ISBNコード 978-4-389-42058ー1
発売日 2015/9/10

内容紹介

一七世紀のヨーロッパにおいて最も繁栄し,信仰において最も自由で,寛容な国と見なされていたオランダ。スピノザはこのオランダにユダヤ人として生まれたが,聖書研究によってユダヤ教に批判的となり,ついには教団から破門される。その後,いかなる教会・宗派にも親しまず,自由な哲学者として独自の道を歩む。人間の自由,それは社会的には言論・思想の自由,市民の自由であり,哲学的には人間の救済を意味した。この時代に,自由を哲学的思索の全面に展開し,倫理・宗教的深みに達したのは彼のみである。

目次(内容と構成)

まえがき
Ⅰ スピノザの時代
   一七世紀のオランダ
   宗教と文化
   ユダヤ人社会
Ⅱ スピノザの生涯
   破門以前
   破門後の生活と研究
   晩年
Ⅲ スピノザの思想
   著書と論文
   神とは何か
   人間の精神について
   人間の感情について
   人間の隷属について
   人間の自由について
   宗教と政治について
あとがき――スピノザの影響
年譜
参考文献
さくいん