一般書籍

新装版 人と思想 41

シラー

著者・編者 内藤 克彦
判型 新書
ページ数 224ページ
定価(税込) 1,100円
ISBNコード 978-4-389-42041-3
発売日 2015/9/10

内容紹介

『歓喜の歌』の作者シラーは,ゲーテとともに近代ヒューマニズムの香り高いドイツ古典主義文学を完成した理想主義詩人である。劇作の巨匠シラーは,何よりも民衆詩人となることを理想とし,有名な『ウィルヘルム・テル』をはじめ,誰にでも親しまれる劇や物語詩をたくさん書いた。彼は,その作品・思想のみならず,人柄でも,代表的なドイツ人の一人として,今日も多くの人々に愛され尊敬されている。現代社会生活に不可欠のものでありながら,非常に不足しているといわれるシラー的ものとは何かを,その生涯と作品をたどることで追求する。

目次(内容と構成)

はじめに
Ⅰ 疾風怒濤の青春
   生い立ち
   カール学院
   試練と友情
Ⅱ 新天地ヴァイマル
   大学教授就任と結婚
   芸術家としての使命
Ⅲ ゲーテとともに
   古典主義への序奏
   ドイツ古典主義
   おわりに ――シラーと後世
   あとがき
年譜
参考文献
さくいん