一般書籍

新装版 人と思想 30

ラッセル

著者・編者 金子 光男
判型 新書
ページ数 228ページ
定価(税込) 1,100円
ISBNコード 978-4-389-42030-7
発売日 2014/9/10

内容紹介

イギリスの名門に生まれたラッセルは,第一次世界大戦のとき,徹底的な非戦論を唱えて,ケンブリッジから追放され,半年間投獄された。一九四七年からアムステルダムで原子力管理を講義したり,彼の行動は,権威に反対し,ボリシェヴィキに反対する「権力論」を背景に平和への大行進を行うなど,現代平和主義者の旗手であった。

目次(内容と構成)

ラッセルについて
Ⅰ 孤独から希望への人間形成
  二〇世紀の巨人ラッセル
  イギリス社会とラッセル家の伝統
  孤独な少年時代の悩み
  希望に満ちた青春時代
  不朽の業績への礎石を築く
  ケンブリッジの講師となる
Ⅱ 世紀の思想家の理論と実践活動
  第一次世界大戦と思想の転回
  マルクス主義への賛否
  内外ともに平穏な著作活動
  ビーコン・ヒル学校の教育
  アメリカでの波瀾と障害のとき
  往年の叛逆者ついに寵児となる
  新分野の開拓と仕上げ
  科学兵器の登場と人類の危機
  世界平和運動の実践に乗り出す
  ヒューマニストとしてのラッセル
あとがき
年譜
参考文献
さくいん