検索

今月のおすすめ本



人と思想197
三島由紀夫

三島由紀夫の決定版評伝
■「昭和」をかけぬけるように生きた三島由紀夫。その政治的行動の背景にある,ひとりの文学者としての生と思考の軌跡をあきらかにする。
■三島文学になにを見いだすか,あるいは,そもそもなにも見いださないのか。


この本の詳細


  清水書院を
  フォローする
 

このページの先頭へ戻る