新装版 人と思想 17

ヘーゲル 電子書籍版

ヘーゲル 電子書籍版

著者・編者
澤田 章
判型
ページ数
定価(税込)
850円
ISBNコード

発売日 2019/01/24

関連資料

内容紹介

カントに発するドイツ観念哲学の完成者といわれるヘーゲルは,「存在するものを把握することが哲学の課題であり,けだし存在するものは理性である」とし,世界のいかなるところ,いたるところの歴史に一つの理性的法則が貫いていることを信じ,「世界的精神」と名づけ,あらゆる存在の根本の働きをするものとした。

[販売サイト]Amazon kindle, Apple iBooks, 楽天Kobo, Google Play

目次(内容と構成)

ヘーゲルについて――世界が大きく変わろうとしているときの哲学
Ⅰ 若い日の体験と思想――自由・愛・運命の探求――
  幼・少年時代のこと――非凡と凡庸――
  立ち連れのドイツ
  ヴュルテンベルクの事情
  革命の時代の大学生活――チュービンゲン時代――
  若い日の遍歴と思索――ベルンおよびフランクフルト時代――
Ⅱ 哲学者としての道――苦悩と栄光――
  イエナでのヘーゲル――ナポレオンと不朽の名誉――
  わが道―四十にして惑わず――ニュルンベルク時代――
  ハイデルベルク大学でのヘーゲル――哲学体系の完成――
  ベルリン大学でのヘーゲル――栄光の晩年――
Ⅲ ヘーゲルと現代思想
  後生への影響
あとがき
年譜
参考文献
さくいん



このページの先頭へ戻る