歴史総合パートナーズ③

読み書きは人の生き方をどう変えた? 電子書籍版

読み書きは人の生き方をどう変えた? 電子書籍版

著者・編者
川村 肇
判型
ページ数
定価(税込)
864円
ISBNコード

発売日 2018/08/23

内容紹介

■「歴史する?」高等学校の新科目「歴史総合」に向けた新シリーズ!私たちを取り巻くさまざまな物事を、日本史・世界史の枠組みにとらわれない視点から広く、深く考えていきます。新たな学びのパートナー、学び直しのパートナーとしておすすめします。
■さて、クイズ。
・もし現代日本語に漢字がなかったらどうなる?
・日本で新聞を読めない人、どのくらいいるでしょう?
・文字が書けない貴族やお殿様がいたの?
・日本人は昔から文字を書ける人が多かったって、ホント?
・どうやって日本人は文字を書けるようになった?
皆さんの答えは? この本をヒントに考えてみませんか。 

[販売サイト]Amazon kindle
, Apple iBooks
 

目次(内容と構成)

プロローグ:読み書きできなくても大丈夫?
1.文字を読み書きするということを改めて考えよう
2.江戸時代の特質を知ろう
3.統計的数字を調査しよう
4.記録された証言を読もう
5.明治以降の識字状況を調べよう
6.日本の読み書き能力の展開を整理しよう
エピローグ:情報の読み書きへ  



このページの先頭へ戻る