新・人と歴史 拡大版 15

安禄山と楊貴妃 安史の乱始末記

安禄山と楊貴妃 安史の乱始末記

著者・編者
藤善 真澄
判型
四六判
ページ数
236ページ
定価(税込)
1,944円
ISBNコード

978-4-389-44115-9

発売日 2017/07/10
  • 安禄山と楊貴妃 安史の乱始末記

内容紹介

中世より近世へ、歴史はまさに激しく変わろうとする唐の開元・天宝時代。
豪華絢爛たる宮廷生活を舞台に、奇しき縁で結ばれた男と女たち。
天性の美貌のゆえに運命に翻弄され、悲劇へと導かれる楊貴妃・・・・・・
運命にあらがい、あらゆる策を駆使しながら人生との闘争にあけくれた安禄山・・・・・・
本書は、大唐帝国が衰えはじめた激動の時代を縦糸に、安禄山・楊貴妃・玄宗皇帝の生き様を横糸にして、己がじし織りなす人間模様を鮮やかに描きだす。

目次(内容と構成)

はじめに
Ⅰ 安禄山の挙兵とその背景
Ⅱ 楊貴妃の登場
Ⅲ 暗雲ひろがる
Ⅳ 享楽の宴
Ⅴ 国破れて山河あり
Ⅵ 破局そして暗転
余白録
年譜
参考文献
さくいん



このページの先頭へ戻る