新・人と歴史 拡大版 07

平泉の世紀 藤原清衡

平泉の世紀 藤原清衡

著者・編者
高橋 富雄
判型
四六判
ページ数
239ページ
定価(税込)
1,944円
ISBNコード

978-4-389-44107-4

発売日 2017/05/15
  • 平泉の世紀 藤原清衡

内容紹介

「平泉の世紀」
それは、地方の一勢力が平泉に東北全体を支配する政治都市を築きあげ、さらに中尊寺金色堂に象徴される絢爛たる王朝文化の花を咲かせたことを指していう。
俘囚長藤原清衡は、日本古代の辺境の歴史において、前を受け、後を定める「かなめ」の位置に立つ人物である。
われわれは、彼を通して「平泉の世紀」の歴史を明らかにすることができるだけでなく、東北古代史の総まとめを試みることができるのである。

目次(内容と構成)

はしがき
序 辺境の「かなめ」
Ⅰ 奥六郡と族長制
Ⅱ 藤原の創業
Ⅲ 平泉の世紀
年譜
参考文献
さくいん



このページの先頭へ戻る