新装版 人と思想 163

ミリンダ王 ―仏教に帰依したギリシャ人

ミリンダ王 ―仏教に帰依したギリシャ人

著者・編者
森 祖道/浪花 宣明
判型
新書
ページ数
228ページ
定価(税込)
1,296円
ISBNコード

978-4-389-42163-2

発売日 2016/07/25
  • ミリンダ王 ―仏教に帰依したギリシャ人

内容紹介

紀元前2世紀の中頃,インド西北部を中心に広大な地域を支配していたギリシャ人のミリンダ王と,当時の仏教教団の優れた指導者ナーガセーナとの間で,仏教の教理思想の根本をめぐって鋭い対話討論が交わされた。それはギリシャ思想とインド仏教思想の対決でもあった。その結果,王は仏教に帰依した。問答の内容は,古代インド語の一種であるパーリ語で書かれた『ミリンダ王の問い』など現存する資料によって知ることができる。本書は,この2人の伝記や時代背景,経典の成立伝播翻訳の歴史,対論の教理思想の解説に,現地踏査の旅行記を付したものである。

目次(内容と構成)

はじめに
Ⅰ 伝記篇
 一 伝記検討の資料と方法
 二 西北インドのギリシャ人国家
 三 ミリンダ王の生涯と事績
 四 ギリシャ人の仏教信奉
 五 釈尊没後の仏教教団の展開
 六 ナーガセーナ長老の生涯
 七 王と長老の出会いと対論
Ⅱ 経典編
 一 経典の元型
 二 パーリ語源典
 三 漢訳『那先比丘経』
 四 説一切有部系のテキスト
Ⅲ 思想編
 一 無我の思想
 二 業論
 三 輪廻思想
 四 修業
 五 涅槃論
Ⅳ 付編 ミリンダ王故地旅行記
 一 パキスタンとは
 二 旅行日記
年譜
参考文献
さくいん



このページの先頭へ戻る