人と作品

宮沢賢治

宮沢賢治

著者・編者
福田 清人 編
岡田 純也 著
判型
新書
ページ数
216ページ
定価(税込)
1,296円
ISBNコード

978-4-389-40108-5

発売日 2016/08/30
  • 宮沢賢治

内容紹介

陸奥花巻の富裕な商家の長男として生まれた宮沢賢治は、思春期に受けた法華経の感動を生涯持ち続けた。賢治はすべての生物の究極の幸福を理想として掲げ、一時社会主義にも接近していった。そして、独居自耕自炊の生活にとび込み、東北農民の改革に奔走した。生前出版した心象スケッチ集『春と修羅』、近代児童文学の傑作・童話集『注文の多い料理店』も、そのユニークさのゆえに文壇の評価をみるに至らなかった。法華経にうらづけられた社会をめざし猛進した賢治だったが、病魔が三十七歳の肉体を蝕んだ。不遇な一地方作家の清冽な生涯であった。

目次(内容と構成)

第一編 宮沢賢治の生涯
  陸奥の少年時代―賢治文学の母胎―
 懐疑と絶望に誘われて―文学的出発―
 あらゆる生物の幸福を索めて―膨張する心象世界―
 心象スケッチの開花―詩人の自負―
 献身と奉仕の中で―農村救済に奔走―
 夢は枯野を―狂おしく調和を求めて―

第二編 作品と解説
 短歌
 無声慟哭
 小岩井農場
 和風は河谷いつぱいに吹く
 ひとひはかなく
 雨ニモマケズ
 銀河鉄道の夜
 グスコーブドリの伝記
 風の又三郎
 かしはばやしの夜

 年譜
 参考文献
 さくいん



このページの先頭へ戻る