人と作品

森 鷗外

森 鷗外

著者・編者
福田 清人 編
河合 靖峯 著
判型
新書
ページ数
204ページ
定価(税込)
1,296円
ISBNコード

978-4-389-40106-1

発売日 2016/08/30
  • 森 鷗外

内容紹介

小説家、戯曲家、評論家、翻訳家として活躍し、近代日本文学に夏目漱石とともに大きな影響を与えた森鷗外は、津和野藩の典医の家に生まれた。幼い頃から儒教と医学を学び、東京医学校に十三歳で入学し、二十歳で卒業するほどの神童であった。卒業後軍医として二十三歳でドイツに留学、専門の医学のあいまに文学、哲学、美術、演劇に親しんだ。帰朝後陸軍軍医学校教官、校長、第一師団軍医部長、陸軍軍医総監になり、かたわら数々の翻訳や現代小説、歴史小説の知的・客観的作品を発表。学術・芸術に輝かしい文化功績を残して大正十一年七月、六十一年の生涯を閉じた。

目次(内容と構成)

第一編 森鷗外の生涯
  津和野の天才少年
 十三歳の医学生
 ドイツに留学
 文学への出発
 苦しみの中で
 ふたたび文壇へ
 晩年

第二編 作品と解説
 舞姫
 雁
 阿部一族
 山椒大夫
 高瀬舟

 年譜
 参考文献
 さくいん



このページの先頭へ戻る