人と作品

川端康成

川端康成

著者・編者
福田 清人 編
板垣 信 著
判型
新書
ページ数
194ページ
定価(税込)
1,296円
ISBNコード

978-4-389-40109-2

発売日 2016/08/30
  • 川端康成

内容紹介

昭和四十年十一月十二日、『伊豆の踊子』にちなんで、伊豆湯ヶ野温泉に文学碑が建てられた。碑面には川端の字で、『伊豆の踊子』からとられたつぎの一節が刻まれている。

 「湯ヶ野までは河津川の渓谷に沿うて三里餘の下里だった。峠を越えてからは、山や空の色までが南國らしく感じられた。私と男とは絶えず話し続けて、すつかり親しくなつた。萩乘や梨本なぞの小さい村里を過ぎて、湯ヶ野の藁屋根が麓に見えるやうになつた頃、私は下田まで一緒に旅をしたいと言つた。彼は大變喜んだ。」

目次(内容と構成)

第一編 評伝・川端康成
  孤児
 愛
 出発
 非情
 回帰

第二編 作品と解説
 十六歳の日記
 感情装飾
 伊豆の踊子
 雪国
 千羽鶴
 山の音

 年譜
 参考文献
 さくいん



このページの先頭へ戻る