人と作品

樋口一葉

樋口一葉

著者・編者
福田 清人 編
小野 芙紗子 著
判型
新書
ページ数
212ページ
定価(税込)
1,296円
ISBNコード

978-4-389-40105-4

発売日 2016/08/30
  • 樋口一葉

内容紹介

明治という時代に、ほんのつかの間生きた一葉は、その證に永遠の女の生命を遺して逝った。自らの生命とひきかえに『たけくらべ』を書き『にごりえ』を書いて、一すじに自分の生き方をつらぬいた。現実の圧迫に抵抗しつつ、自由な作家精神を守り通した一葉は、独自の文学の世界を創り出したのである。多くの作家達が小説の世界で遊んでいた時代に、作家自身が真剣に人生に直面し、生きて、人生の真実に迫ることに小説を創る意味があることをはじめて證明し、実践してみせたのが一葉である。

目次(内容と構成)

第一編 樋口一葉の生涯
 生い立ち―父母と一葉の青春の日々―
 本郷菊坂町時代―初恋・小説家への道―
 龍泉寺町時代―塵の中―
 丸山福山町時代―栄光の座と死の病―
第二編 作品と解説
 大つごもり
 たけくらべ
 にごりえ
 十三夜
 うらむらさき
 一葉の世界
 年譜
 参考文献
 さくいん



このページの先頭へ戻る