人と作品

石川啄木

石川啄木

著者・編者
福田 清人 編
堀江 信男 著
判型
新書
ページ数
216ページ
定価(税込)
1,296円
ISBNコード

978-4-389-40103-0

発売日 2016/08/30
  • 石川啄木

内容紹介

貧困と病気にせめさいなまれながら、理想を求め、あこがれ、苦悩し、二十七歳の若さでこの世を去った啄木。それは社会と自分との問題を真剣に考え、生きようとした人の姿である。『一握の砂』『悲しき玩具』の両歌集に代表されるその文学が不朽の生命を持ち、人々に愛唱されてきたのは、そのような啄木の生き方と無関係ではない。真剣に生き、たたかった啄木に生みだされた文学は、ある意味では、夏目漱石、森?外、島崎藤村ら巨匠の文学よりも高く評価されている。啄木は真に天才といわれるべき人であり、没後百年余、天才の姿はようやくわたしたちの前にあきらかにされつつある。

目次(内容と構成)

第一編 石川啄木の生涯
 早熟の天才少年
 あこがれの時代
 日本一の代用教員
 流浪
 明日をみつめる人
第二編 作品と解説
 あこがれ
 雲は天才である
 我等の一団と彼
 一握の砂
 悲しき玩具
 時代閉塞の現状
 日記
 手紙
 年譜・参考文献
 さくいん



このページの先頭へ戻る