新装版 人と思想 187

ペトロ

ペトロ

著者・編者
川島 貞雄
判型
新書
ページ数
280ページ
定価(税込)
1,080円
ISBNコード

978-4-389-42187-8

発売日 2014/09/10
  • ペトロ

内容紹介

ペトロはガラリヤ湖の漁師であった。イエスの弟子となるが,愛と苦しみに満ちた十字架への道を進むイエスを理解できず,師の逮捕の際にその関係を否認してしまう。ペトロにとって復活のイエスの顕現はは,否認の罪を赦し,驚くべき愛の啓示を意味したに違いない。ペトロは初期キリスト教の成立と発展に無比の役割を演じた。人間の強さと弱さの中でイエスを愛し,イエスに従う戦いの道は,ローマにおける殉教を持って終わる。新約聖書諸文書が呈する多様なペトロ像の背後に,このゆなペトロの姿が見えてくる。

目次(内容と構成)

はじめに
Ⅰ 活動の背景
   第1章 ペトロの世界
    一 ローマ帝国
    二 ローマ人支配下のパレスチナ
    三 パレスチナ-ユダヤ人の経済生活
    四 熱心党の運動
    五 ユダヤ教諸派
   第二章 イエスの弟子となるまで
    一 出身地
    二 家族
    三 言葉
    四 教育
    五 職業
Ⅱ イエスに従う
   第一章 ガリラヤからエルサレムへ
    一 イエスとの出会い
    二 ペトロとおう添え名
    三 弟子の筆頭
    四 無理解
    五 メシア告白
    六 祝福と権能
    七 イエスの受難に直面して
   第二章 エルサレムからローマへ
    一 イエスの復活の証人
    二 協会を代表する指導者
    三 初期エルサレム教会の信仰
    四 伝道活動
    五 エルサレム会議
    六 アンティオキア事件とその後
    七 ローマ滞在
   第三章 殉教者として
    一 ネロの迫害
    二 順境についての教会伝承
    三 クオ・ヴァディス
    四 墓
   補遺 新約聖書書諸文書のペトロ像
    一 マルコ福音書
    二 マタイ福音書
    三 ルカ福音書
    四 使徒言行録
    五 ヨハネ福音書
    六 パウロ福音書
    七 ペトロの手紙一
    八 ペトロの手紙二
おわりに
年表
参考文献
さくいん



このページの先頭へ戻る