新装版 人と思想 185

スタール夫人

スタール夫人

著者・編者
佐藤 夏生
判型
新書
ページ数
232ページ
定価(税込)
1,080円
ISBNコード

978‐4‐389‐42185‐4

発売日 2015/09/10
  • スタール夫人

内容紹介

フランス革命勃発時の財政総監ジャック=ネッケルの愛娘であるスタール夫人は,ロマン主義理論を確立した文学者として,『デルフォース』や『コリーヌ』でヨーロッパに大きな反響を巻き起こした小説家として知られる。激動のフランス革命期を生き抜き,皇帝ナポレオンと対立して追放の憂き目にあうが,自由を求めてモスクワを経てロンドンに亡命する。本書は,夫人の生涯と思想を,近年の活発なヨーロッパでの研究結果をふまえて,生き生きと描き出した,日本初の著作である。

目次(内容と構成)

はじめに
Ⅰ スタール夫人の生涯
   サロンの少女
   結婚、そして革命
   ナポレオンの台頭
   亡命の旅路
Ⅱ スタール夫人の思想
   革命を乗り越えるために
   ロマン主義理論の形成
   旅する肖像力
   自由を求めて
   スタール夫人の現在
あとがき
年譜
参考文献
さくいん



このページの先頭へ戻る